社会人になって初めてのピンチ

新社会人として毎日仕事を頑張る日々の中で、今までになかった付き合いも生まれ、社会人としての楽しみを知り、社会人としての辛さを知り、社会人としての責任を感じながら毎日を生きていました。入社してから1年間は特に大きな問題もなく、順風満帆ではないけれど何とかやってきたように感じます。ですが、2年目に突入し、社会人として初めての後輩が出来てから少しづつ自分が変わっていったように感じます。
経済的なピンチを今まで経験したことありませんが、入社2年目にして早くも経験することに。入社したときから、仕事を覚えるのが早いと言われていたこともあり、営業の部署で2年目ながらも中堅並の成績を収めていました。調子に乗っていたと言われればそれまでですが、浮かれていたところに後輩ができたことで、ついついおごってしまう機会がかなりありました。決定的だったのは、後輩にキャバクラをおごってしまったことです。給料日前だったんですが、仕事ができない後輩を励ます為にキャバクラに連れて行ってやったんです。
後輩にキャバクラをおごってやったときに使った金額は、居酒屋やキャバクラを全て合わせて10万円程度。今まで少しづつしてきた貯金も使い果たし、酔いから覚めて一体何をやっているんだと、自分を叱責。ですが、使ったお金は帰ってきません。そこで、渋々ながらも消費者金融を利用することにしました。どこから借り入れをしようか、インターネットで調べて見ると、自分にとって一番お得に借り入れできるのは、レイクだとわかりました。とりあえず給料日まで5万円もあれば足りるので、レイクは初回借り入れ時5万円以下なら180日間の無利息期間が付いてくるんです。
レイクへの申し込みは最寄りの無人契約機から行いました。契約コーナーに人がいなかったので、すぐに申し込めたのは嬉しかったですね。それから申し込みを進めていき、審査結果は希望金額で通過。最後に契約書に署名してカード発行してもらい、手続きは完了。その後そのまま借り入れできたので嬉しかったです。時間して1時間程度と思っていたよりかなり早く借り入れできました。イメージが先行していましたが、賢く使って便利に使っていこうと思っています。